2007年01月15日

小豆粥とエコロジー

本日は小正月です。
お正月の道具を片付け、
昔はしめ縄等は紀ノ川(近所に流れる大きな川です)のほとりで
皆でとんど(焚き火)で燃やしていたそうです。
その火でたくのが「小豆粥」だったのでしょうか。


本日、無病息災を願って小豆粥を炊きました。
no-title


今の時代はとんどの規制もある時代ですから、
さすがに川のほとりではしませんでしたが。

圧力鍋でしますと、すぐ出来てしまいました。
最後にのせたお餅は焼いてから少し炊きました。
no-title

とんどの規制は消防法のことかもしれませんが、
ダイオキシン等の環境のこともあるんでしょうか。
(勉強不足ですみません)
タイムリーにエコロジーのこと。
レジ袋廃止の動き」のニュースがありました。

無駄は良くありませんし、環境破壊も心配です。
温暖化が進み生態系が変わってしまうというのも深刻な問題です。

皆が出来る事からはじめる、そして継続する事、
SUBSTAINABLE、は弊社も常に心がけている事です。
容器には食の安全性とリサイクル性を考えてビンを使用しています。

皆さん、マイバックはお持ちですか?


おまけ
これはエコ活動かどうかはわかりませんが、
包装紙のハギレで封筒を作ってみました。
そもそも包装のいう観点も見つめなおさねばならないのかもしれません。

no-title
下手でも味です(笑)、手作りはんこでエコにも遊び心、
できることから楽しくはいりましょう。
posted by nakako at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ
この記事へのコメント
かわいらしい包装紙ですね。包装紙で検索していたらここにたどりつきました。
Posted by ゆみ at 2007年06月30日 12:32
コメントいただき有難う御座います。
お返事遅くなり申し訳ございません。

包装紙、有難う御座います。
ヘッズというメーカーで購入しました。
時々限定品でこんな柄が出されているようですね。
Posted by nakako at 2007年07月20日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3177605

この記事へのトラックバック